石井明美 結婚、旦那、離婚、子供は?若い頃や現在は?「CHA-CHA-CHA」が大ヒット

女性歌手

こんにちは、タムジーです。

今回は、1980年代「CHA-CHA-CHA」で一躍大ヒット歌手の仲間入りを果たした、石井明美さんを紹介します。
何となく、夜の色香が漂う、石井さんですが、まさにあの時代を映し出した歌手だと思います。

この記事では、現在も美人な石井明美さんの、若い頃から現在まで、結婚、旦那、子供や代表曲ヒット曲などご紹介いたします。

是非最後まで、お付き合いくださいね。




石井明美 若い頃 父、母、兄弟は?

それでは、プロフィールからご紹介します。

プロフィール
名前:石井明美(いしいあけみ)
生年月日:1965年8月26日
出身地:千葉県館山市
血液型:B型
所属:オフィス・コットン
年齢:2024年6月27日現在58歳

石井明美さんは千葉県館山市生まれで、今年の8月には59歳になります。石井さんの家族構成は、父と母。兄弟に関しての情報は公開されていませんでした。

父親は会社員だったようで、現在82歳。母親はバスガイドをしていたようです。

石井さんは、パンツルックを好む活発な女の子でした。
小学校4年生になると、近所にできた「水泳スクール」に通い始めます。

元来、運動神経抜群の石井さんはメキメキとタイムを伸ばしていきます。その実力は、県大会を優勝し、全国大会にも出場したほどです。水泳は、中学校卒業するまで続けていました。

高校時代は、帰宅部を選択します。というのも、高校に通いながら、憧れの職業・美容師の資格を取るためです。

石井さんは通信教育を選択し、見事に合格・取得しました。
高校生にして、通信教育で資格を取得するなんて、根性がありますよね。さすが、石井さんです。


石井明美 美容師からデビューへ、音楽との出会いは?

高校を卒業すると、石井さんは美容師の資格を活かして働き始めます。

まずは、憧れの大手美容室。しかし、大手特有のインターン制度や人間関係に嫌気がさし、すぐに退職します。

そして、次の職場を探している時に、知人から紹介されたのが、
六本木の「カラオケ・スナック」でした。

ここで、音楽を軸とした運命の糸が絡まり始めます。

時代はバブル全盛期ということもあり、芸能関係者が集まります。当然、美人で歌の上手い石井さんには声がかかりますよね。

「君、可愛いね。歌も上手いし、ウチでCDを出さない?」
「すみません、美容師になる夢があるので…。」

というような、会話が幾度となくされ、その度に石井さんは断ったそうです。しかし、一年以上も通い続けられ、誠心誠意を見せられると、誰でも心は動きます。

最後は、石井さんも根負けし、「一曲だけ。」という約束で、デビューが決まったのでした。


石井明美 デビュー曲は「CHA-CHA-CHA」タイアップ・ドラマは「男女7人夏物語」

こうしてデビューが決まった、石井さん。
事務所に所属して、2ヶ月後にレコーディングに突入します。

歌が上手いとはいっても、プロの世界は別物です。
最初は戸惑うばかりだったと、当時を振り返ってインタビューでは語っています。

石井さんは

「どんなふうに歌ったらよい?」と問いかけると「レベッカのノッコちゃんみたいに歌って」

引用:熟年ばんざい

と返事が返ってきました。

なので、ビブラートは「フレンズ」を意識して歌いましたが、大変でした。

とにかく1曲だけのつもりなので、ジャケット写真はあえて横向きで誰にも気付かれずらい様にし、レコーディングをしたのだとか。更に、家族や友人にも内緒にしていたそうです。
参考:「熟年ばんざい」より

そして、遂に「CHA-CHA-CHA」が完成し、1986年8月26日の真夏にデビューを果たしたのです。

タイアップは、当時の人気TBS系ドラマ「男女7人夏物語」でしたね。


石井明美 代表曲やヒット曲は?

「男女7人夏物語」は、明石家さんまさんも出演するなど、話題も人気も抜群。

ドラマの人気もあり「CHA-CHA-CHA」は、80万枚を超える大ヒットとなったのです。

この勢いは年末まで続き、最後はなんと、中森明菜さんの「DESIRE」を抜き去り、1986年のオリコン年間ヒットチャートの1位となったのでした。

続く、2枚目以降もヒット曲を飛ばし、時代は平成へと移っていきました。代表曲やヒット曲は、以下の通りになります。

➀「CHA-CHA-CHA」(1986年08月14日発売)
・最高順位: 1位
・累計売上枚数: 80万枚

➁「ランバダ」(1990年03月21日発売)
最高順位: 16位

③「JOY」(1987年07月22日発売)
最高順位: 19位

④「響きはtutu」(1986年11月12日発売)
最高順位: 12位

⑤「バラード」(1997年09月10日発売)
最高順位: 40位
タイアップ: NTV系「火曜サスペンス劇場」主題歌

⑥「ラマン」(1987年02月26日発売)
最高順位: 25位

石井明美さんは、まさに時代に愛された歌手となったのです。


石井明美 結婚はしているの?旦那、子供は?

石井さんは、2度の結婚を経験しています。

初婚:斎藤敦史さん
石井明美さんは1990年2月にドラマーの斎藤敦史さんと結婚しました。

彼との間には長男が誕生しましたが、1993年に離婚しています。

離婚の原因は価値観の違いで、石井さんは家族の時間を大切にしたい一方で、斎藤敦史さんは自分の仕事を優先したいとの思いからズレが生じていったそうです。

現在の夫(再婚): 大渕邦男さん
石井さんは2013年に再婚を発表し、大渕邦男さんと結婚しました。

大渕邦男さんは創作料理店「串粋」で料理長を務めており、石井明美さんとは2010年に知人の紹介で出会っています。

現在も家族仲は良いようで、石井さんは幸せを感じているようです。

子供などの詳しい情報は、調べましたが分かりませんでいた。


石井明美 現在の活動は?

石井明美さんは現在も音楽活動を精力的に行っています。

2022年頃には夢グループ主催のコンサート「夢スター『春・秋』」の春組に所属し、有名歌手として出演していました。

この企画は昭和好きにはたまらない内容となっていています。

「夢スター『春・秋』」は、昭和にデビューした歌手19組が一堂に会して、それぞれ自身のヒット曲などを歌うコンサートです。

この豪華な顔ぶれのステージは、石井さんをはじめ、様々な歌手が参加し、昭和歌謡歌合戦として盛り上がります。

当然、2024年も石井さんは「夢スター『春・秋』」に参加しています。ぜひ、ファンの方は随時チェックするようにしましょう。

今後も、石井さんは1980年代のヒット曲を扱った特番や地方の祭りのゲスト出演などしていくと思われます。

また、企画コンサートやディナーショーなども期待できますので、ぜひ彼女の素晴らしい歌声と美貌を楽しみたい方は会いに行きましょう。

いつまでも美しく艶やかな、石井明美さん。
今後も応援して行きたいと思います。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました